読了の目安:約11分52秒
[記事公開日][最終更新日]

近年一部の幼稚園や保育園でも取り入れられ、話題となっている”モンテッソーリ教育“。
教育界に最も大きな影響を与えた教育法のひとつにして、世界中で支持されている教育法ですが……「名前は聞いたことがあるけれど、実はよく知らない」「なんだか難しそう」と思われている保育士さんもいらっしゃるのでは?

「こども保険」によって未就学児への支給を増やし、保育・幼児教育の無償化を目指すなど……我が国はいま、子どもの教育分野に注力して施策を進めています。
幼児教育の重要性が説かれ、さまざまな種類の教育方法が話題になっている今だからこそ、幼児教育に関する知識は獲得しておきたいところ。

今回の記事では”モンテッソーリ教育“について、その内容と魅力をご紹介します!

モンテッソーリ教育ってどんなもの?

モンテッソーリ教育は20世紀初頭、イタリア初の女性医師マリア・モンテッソーリ氏(1870~1952)によって考案された教育法です。
ローマの精神病院で働いていた彼女が、「感覚教育法を施した知的障害児の知的水準が上がる」効果を確認したのち、健常児向けの保育施設でそれを教育メソッドとして完成させました。

マリア・モンテッソーリ
マリア・モンテッソーリ(1870-1952)
イタリアにおける女性の最初の医学博士の1人として知られる女性。知的障がいのある子どもの治療教育に関わる中で、指先の感覚を刺激する”感覚教育法”を施したところ、知的水準が上がったことから1907年にローマに設立した保育施設「子どもの家」で幼児教育の方法を確立。モンテッソーリ教育を提唱しました。

モンテッソーリ教育の目的

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育が目指すのは、「他人への思いやりと、生涯学び続ける姿勢を持った自立した人間」になるよう、子どもを育てることです。
そのため親や保育士といった大人は、「子どもは自らを成長・発達させる力を持っている」という基本のもと、幼児たちの要求を汲み取りながら自発的な活動を援助する存在でいることを求められます。

なおモンテッソーリ教育においては、24歳を人間が完成する年代として定め、それまでの発達段階を以下の4段階に区切っています。

・0~6歳:幼年期……ヒトから人間へ変わっていく
・6~12歳:児童期……自立度を高めた子供が、集団で生活していく
・12~18歳:思春期……子どもから大人へ変わっていく
・18~24歳:青年期……自立した人間として、社会を形成していく

モンテッソーリ教育の特徴

積み木で遊ぶ少年

モンテッソーリ教育の特徴は大きく以下の4点です。

■集団ではなく一人ひとりが個別活動を行う
幼児期にはある事柄に対して特別興味を持ち、敏感になる時期があります。モンテッソーリはこれを”敏感期”と呼び重視しました。子どもたちはそれぞれの敏感期に合わせ、興味のあることを自分で選び、自分のリズムで納得いくまで繰り返し行うことで能力を習得していきます。
■子どもの自発性を重んじる
子どもたちの知的好奇心が自発的に現れるよう子どもに「自由な環境」を提供することを重要視します。
■異年齢混合の縦割りクラス
いわば兄弟姉妹のように、異なる年齢の子どもたちが混同で学びます。年少の子は年長の子の活動を見て、年長の子は年少の子の世話をすることでお互いに学び合います。
■整えられた環境
子どもを惹きつける教具を揃え、自由に選べる状態に環境を整えることが重要です。
環境整備を行う際は、以下4点の条件を満たしているかどうかチェックしましょう。

□子どもが自分で自由に教具を選べる環境
□子どもがやってみたいと思う、おもしろそうな教具
□社会性と協調性を促すための、3歳の幅を持つ縦割りクラス編成
□子どもの発達段階にそれぞれ適した環境を整備し、自己形成を援助する先生

モンテッソーリ教育の5つの分野

折り紙を折る保育園児

モンテッソーリ教育では、子どもたちのそれぞれの敏感期に合わせて「教具」と呼ばれる教材が用意されています。そしてそれらの教具を使った活動は「お仕事」と呼ばれています。教具は、5つの分野に体系化されています。

日常生活の練習
洗濯やアイロンがけなど日常生活のさまざまな練習を行いながら、依存から自立へと自分の生活を成長させ、精神的にも自立する心を育てます。

【教具の特徴】
◎ 子どもが扱いやすいサイズであること
◎ 慎重に扱うことを学ぶべく本物(ガラスや陶器)であること
◎ 色や形が美しく思わず触れたくなるものであること
◎ 清潔に保つことができ、子どもが汚れに気付けるものであること
感覚教育
子どもは3歳から6歳の間に五感が著しく発達します。それらは知的活動の基礎となるため、いろいろな教具が用意されています。教具の使い方に誤りがあれば自分で気付くように工夫されているほか、それぞれの教具は1セットずつ備えられ、友だちが使っている場合は待つことを覚えるなど、社会性も身につくようになっています。

【教具の例】
◎ 音感ベル…聴覚で音の高低さを識別する
◎ ピンクタワー…大小10個の立方体を大きい方から積み上げていく
◎ 円柱さし…大小・高低・太細などを識別する
言語教育
子供の興味に適したゲームや、言葉遊びが導入に用いられます。【話す/書く/読む】だけではなく、文法や文章構成も早い時期から学びます。

【教具の例】
◎ 絵合わせカード…絵だけのカードと名前だけが書かれたカードを合わせる
◎ 50音並べ…50音が1字ずつバラバラのパズルになっている
算数教育
具体的に感覚で捉えることのできる「数量」、言い表すときに使う「数詞」書き表すときに用いる「数字」の三者関係を重視し、3つを一致させることで数量概念を身につけます。

【教具の例】
◎ 10進法のビーズ…1,10,100,1000の単位を認識する
◎ 銀行あそび…四則演算を学ぶ
文化教育
動植物、地理、地学、歴史、道徳(宗教)、音楽、体育、美術など多岐にわたり生命の神秘への興味や芸術に関する表現力を身につけます。

【教具の例】
◎ 太陽系の惑星の模型
◎ 動植物の絵カード

環境整備のポイント

モンテッソーリ教育とは
モンテッソーリ教育を行うためには、先述の通り、子どもが自発的に知識を吸収できるための環境が必要です。
どのような整備を行えばいいか、以下のポイントをご参考ください。

ポイント
□教具が子どもにあわせたサイズであること(子どもの活動に適切であること)
□カラフルな色彩やユニークな形など、子どもにとって魅力的な見た目の教具を揃えること
□教具について、制限を設けておくこと(使いたい教具を友達が使っている場合は「待つ」、といった社会性を身につける)
□文化教育の際には、できるだけ本物に触れさせること(本物の美しさを感じるほか、壊さないよう大切に扱うことも学ばせる)

モンテッソーリ教育のメリット・デメリット

モンテッソーリ教育とは
モンテッソーリ教育を行うことで、実際にどのような効果があるのか考えてみましょう。

メリット
・子どもの個性が伸びる
・物事を自分で考えて、主張できるようになる
・集中力が身につく
・社会性や協調性が身につく
・さまざまな教具に触れて手先が器用になる
デメリット
・足並みを揃える経験が不足し、集団行動に馴染めなくなる
・自発性が極端になると、身勝手でわがままになりかねない
・モンテッソーリ教育を実施する施設の方針や先生の能力で効果が左右される

優れたいち個人への成長は期待できますが、一方で団体行動にやりづらさを感じてしまうリスクもあります。長所である「社会性・協調性の獲得」によって、その場にあわせた身の振り方ができるようになるのが理想ですね。

ちなみに、モンテッソーリ教育を受けたとされる著名人には、以下のような人物が挙げられます。

モンテッソーリ教育を受けた著名人
大手ネット通販サイト「Amazon」の創立者 ジェフ・ベソス氏
ネット検索エンジン「Google」の創立者 セルゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジ氏
ウェブ百科事典「Wikipedia」創設者 ジミー・ウェールズ氏
史上最年少棋士 藤井聡太四段など

いずれの人も、素晴らしい功績を残した偉人へと成長していますね。

保育士さんのキャリアの選択肢としての”モンテッソーリ”

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育では、保育士さんは”教える人”ではなく子どもを観察し、自主活動を”援助”するもの考えられています。子どもたちそれぞれの求めに沿って必要な環境を提供する観察力、集中を妨げない心遣いや、教具の取り扱いなどへの知識が必要になります。
具体的に教員になるための方法をご紹介いたします。

モンテッソーリ教育を行うためには

モンテッソーリ教育とは
モンテッソーリ教育を教員として行うためには、専用の資格を取得する必要があります。
日本で取得できるものは2種類。国際モンテッソーリ協会が認定する「国際免状」と、日本モンテッソーリ協会などが認定する「日本独自の免状」です。

  • 国際免状
  • 国際モンテッソーリ協会が定める免状には、

    ・0~3歳を対象とする「Assistants to Infancy」
    ・3~6歳を対象とする「Casa dei Bambini」
    ・6~12歳を対象とする「Elementary」

    があり、それぞれ教えられる対象の年齢が異なります。この資格を持っていれば海外でもモンテッソーリ教師として働くことができます。
    なお、国際免許を取得するためのコースを毎年通年で開講しているのは、日本の東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンターのみ。ここで1年制の過程を履修して卒業試験に合格すれば、3~6歳向けの免状を取得することができます。

  • 日本独自の免状
  • 日本モンテッソーリ協会認定の教員資格免状は、東京モンテッソーリ教育研究所で2年間の付属教員養成コースを受講し、総合試験に合格することで取得できます。
    なお東京以外にも京都・広島・福岡・長崎などの後任試験でも受講することが可能です。

実際に保育士として働く方には、モンテッソーリの理念に共感し、積極的な知識習得に励み、保育を楽しんでいる方がおられます。一方で知識習得のための学びが大変で挫折してしまった…という方もいるのも事実。
どの教育法にも向き不向きがありますので、書籍などで導入として学び、学ぶことが楽しめるかどうか、自分の保育観に合うかといった点から検討してみると良いでしょう。

モンテッソーリ導入の園で働く保育士さんの声
私は、モンテッソーリ教育法を取り入れている園で働いており、毎月一度の土日の学校に通って資格を取りました。休日に朝から晩まで宿題づけの時、本当に一杯一杯で、嫌だと感じました。でも、支えになったのは、子ども達といるとき、学校で学んだことを活かせること。先輩の支えがあったこと。そして、同じ苦労を共にしている仲間と頑張れたこと。学校で知り合った友達とは、今も教育法の研修大会などで会うと、絶対に話します。
《参考》保育CAN

教育を行う上で先生が気をつけること

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教員として子どもたちに幼児教育を施す場合、先生として以下のポイントに注意するとよいでしょう。

  • 子どもを的確に援助するため、教具の使い方はあらかじめ練習しておく
  • やって見せるときはわかりやすいよう、スローテンポで例示する
  • 先生が代わりにやってしまうことで、子どもの喜びを奪わないようにする。助けが求められているタイミングを見極める
  • 子どもの要求によく耳を傾ける。言葉で表現していないことでも、態度や表情から出ているものを汲み取る
  • 子どもの「仕事」を尊重する。大人の都合で中断させたり、妨げたりしない
  • 子どもの間違いを直接訂正しない(モンテッソーリ教具はおおよそ、子どもが自分で間違いに気付けるよう工夫がされているため)
  • 休んでいたり友達の仕事を見ていたりする子どものことも尊重する。誘いかけの継続はするべきだが、強要しないよう心がける
  • 子どもが仕事に集中し始めたら温かく見守る
  • 力を出し切って仕事を終わらせた子どもに、安っぽい褒め言葉を言わない。安心できるような言葉や態度を心がける

モンテッソーリ教育を実践している保育園&幼稚園

シーソーをする子ども

実際に弊社の【保育のお仕事】でも求人を取り扱っている、モンテッソーリ教育を取り入れた園をいくつかご紹介します。

◆ 株式会社ウィズチャイルド

東京都多摩市にある認証保育所。自分で『~したい』と思う(生み出す)ことを重んじており、モンテッソーリ教育を導入してます。子育て支援にも積極的!

◇ウィズチャイルドさくらがおかこども園の求人
https://hoiku-shigoto.com/detail/182.html

◆ 株式会社フューチャーフロンティアーズ

フロンティアキッズ新宿

株式会社フューチャーフロンティアーズの「フロンティアキッズ」ではモンテッソーリ・メソッドを土台にした子供の主体性を育む教育を行っています。モンテッソーリ資格取得のための研修受講には貸付金制度もあります。

◇フロンティアキッズ新宿の求人
https://hoiku-shigoto.com/detail/358.html

◆ 社会福祉法人地球の子ども会

ちゃいるどはうす保育園

社会福祉法人地球の子ども会の「ちゃいるどはうす保育園」は茨城県水戸市にある、ぬくもり溢れる保育園。外装も素敵ですがモンテッソーリ教育に合わせ、子どもの生活に合った内装設計がされています。

◇ちゃいるどはうす保育園の求人
https://hoiku-shigoto.com/detail/238.html

◆《保育のお仕事》でモンテッソーリが実践できるお仕事を探しませんか? ◆
子どもと保育士さん
◆【保育のお仕事】で扱っている求人
《全国×モンテッソーリ教育》求人一覧はこちら

編集者より

モンテッソーリ教育については、関心を持つ保護者の方が熱心に書籍などで勉強されているのが印象的でした。保育士さんにとって、自主的に学ぶ保護者を上回る知識を持つべく専門の研修や勉強会に参加するのは、大変なこともあるでしょう。しかし

・忙しさで”やってあげる”保育になりがち…もっと自主性を重んじた保育がしたい
・保護者にもっと子どもへの関わり方を伝えることで支援がしたい

そんな考えをお持ちの方であれば、モンテッソーリ教育はひとつの答えを出してくれるかもしれません。今後の活躍の場として、理念にモンテッソーリ教育を取り入れている園を選んでも良いかもしれませんね。

参考図書のご紹介


▲ 日本のモンテッソーリ教育の第一人者が、子どもたちが教育を受けた後どう育ったか、具体的な事例を紹介しています。実際に子どもの教育に携わった具体例なので説得力があります。



▲ モンテッソーリ教育を実践する中での、保護者の学びや気付きのポイントがわかる文庫本。保護者からの評価も高く、子育てに疲れたりイライラしてしまっている保護者へのアプローチの参考にもなりそう。



▲ 子どもの行動を観察するために参考にしたい一冊。「お仕事」の例や手作りのおもちゃも載っているので日々の保育のヒントとして活用しても。