読了の目安:約2分33秒
[記事公開日][最終更新日]

いつの時代も、読み手と聞き手とを結びつけ、子どもたちに幸せな時間を与えてきた「読み聞かせ」。「シリーズ・ココロをつなぐ読み聞かせ」では、これまで絵本の魅力や、読み聞かせを実践する際のポイントをご紹介してきました。

シリーズ最終回となる今回は、読み聞かせのプロ、聞かせ屋。けいたろうさんに、読み聞かせのお手本を見せていただきます!

『おっぱいゴリラ』お手本読み聞かせ

 
◆聞かせ屋。けいたろうさんの読み聞かせ術【実践編①】

この動画でご紹介している絵本は……


《おっぱいごりら》
文:聞かせ屋。けいたろう 絵:ひろかわさえこ 出版:アリス館(2018年)

「ぽこぽこ ぼんぼん」胸を叩くぱぱごりらに、愛しいままごりらのおっぱい。さいごに登場したのは……なんとばぁば!?
やわらかなタッチの絵に、赤ちゃんが大好きな「ぱ」「ば」「ま」といった両唇音が散りばめられた、目にも耳にも楽しい絵本です。
 

『たっちだいすき』お手本読み聞かせ

 
◆聞かせ屋。けいたろうさんの読み聞かせ術【実践編②】

この動画でご紹介している絵本は……


《たっちだいすき》
文:聞かせ屋。けいたろう 絵:ひろかわさえこ 出版:アリス館(2018年)

ページをめくるたびに、赤ちゃんや、可愛らしい動物たちと……たーっち!赤ちゃんも参加しながら楽しめて、親子のふれあいをそっと後押ししてくれる、ステキな絵本です。リズミカルなことばの繰り返しに、赤ちゃんも笑顔になってくれるはず!
 

編集者より

シンプルながら、言葉のひとつひとつが心にスッと入ってくるような、聞かせ屋。けいたろうさんの読み聞かせ。優しい声色と、読み終わった後に感じる「満足感」にも似た余韻には、どこか懐かしさを感じさせるものがありました。

インタビューの冒頭で「子どもたちに読み聞かせをする際に、どんな絵本を選んだらよいか」という質問に、「まずは自分自身が読みたいな、好きだなと思う絵本を選ぶことが大切」と語ってくれたけいたろうさん。

テクニックや知識はさることながら、その土台に「絵本が好きだ」「子どもたちと魅力を共有したい」という気持ちがあるからこそ、けいたろうさんの読み聞かせは、多くの人の心を惹きつけるのかもしれません。

今回インタビューに協力くださった聞かせ屋。けいたろうさん、本当にありがとうございました!

けいたろうさんプロフィール

プロフィール
聞かせ屋。けいたろう
夜の路上で、大人に絵本を読み始めた、聞かせ屋。
親子読み聞かせ、絵本講座、保育者研修会で全国を駆け回る。
絵本の文章、翻訳も手がける。保育士。一児の父。
作品に「どうぶつしんちょうそくてい」「おっぱいごりら」(アリス館)
「まいごのたまご」(角川書店)「絵本カルボナーラ」(フレーベル館)など。

ホームページhttp://kikaseya.jp
公演予定、ご依頼もこちらです。
友だち追加

The following two tabs change content below.
保育のお仕事レポート

保育のお仕事レポート

保育業界専門の転職支援サービス「保育のお仕事」です。 「保育のお仕事レポート」は、現場で働く保育士さんのためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNS(FacebooktwitterLINE@)で要チェック!