読了の目安:約4分33秒

院内保育をご存じでしょうか?院内保育(病院内保育)は病院やクリニックで働く人たちのための保育施設です。比較的小規模で子どもと向き合えるなど、転職を考える保育士さんにも人気のある「院内保育」。今回は働く上でのメリットやデメリットをお伝えしていきます!

そもそも院内保育所とは…?

看護士のイラスト

◆院内保育(病院内保育)とは◆
病院などに勤務する、医師や看護師などの職員の子どもを預かる保育施設。病院という24時間交代での勤務がある場合に子どもを預ける施設がなく、病院が独自に院内に保育施設を設置したのが始まりです。
 
近年では医師や看護士不足などから、人材確保のために院内育所を設置する例が増えています。一定の施設基準を満たせば、保育士さんの人件費など運営費の一部に補助を受けられる制度もあります。

院内保育の特徴

◆病院の職員の子どもを対象にしている
◆病院内や近隣地に設置される
◆病院の規模にもよるが比較的小規模なことが多い
◆病院の特性上24時間365日稼働している場合がある
◆職員のシフトに合わせた保育のため預かる子どもに変動がある
◆運営は病院が直接運営する場合と、業務を委託する場合がある
◆就労形態は正社員、契約社員、非常勤などさまざまな形態がある
◆病院の規模などによって、規模に差がある

施設種別と人員配置のめやす

参考までに補助対象となる院内保育施設の規模を見てみましょう。なお、補助対象となる施設は4つの種別に区分されています。
 

補助対象の院内保育の種別
区分 保育児童数 保育士等数 保育時間
A型
特例
1人以上
4人未満
2人以上 8時間以上
A型 4人以上 2人以上 8時間以上
B型 10人以上 4人以上 10時間以上
B型
特例
30人以上 10人以上 10時間以上

 

【Q.病児保育と何が違うの?】
 
病児保育が保育所などに通う子どもが病気になった際に利用できる保育サービスなのに対し、院内保育はお医者さんや看護師さんのための保育施設。そういった意味では事業所内保育施設に近いですね!
 
【関連記事】
保育士さんに人気の病児保育!仕事内容&働くメリット教えます

 

働く上でのメリットとは?

微笑む白衣の女性
院内保育が保育士さんに人気の理由のひとつは、比較的預かり人数が少なく、一人ひとりの子どもとじっくり向き合える点。また、保護者が同施設で勤務しているので、体調が悪くなった場合などに保護者との連携が取りやすいメリットもあります。
 
また、大がかりな行事がないことで、心身への負担が少なくて済むことも大きな要素でしょう。大きな医療法人などが運営をしている場合は、福利厚生が充実しているケースもあります。
 

◆小規模保育施設で働くメリット◆
□ 比較的小規模で、子どもとじっくり向き合える
□ 保護者との連携が取りやすい
□ 行事が少ない分、業務負担が比較的軽い傾向にある
□ 少人数ならば縦割りの保育ができる
□ 大きな病院ならば通勤に便利な立地であることが多い
□ 運営主体によっては福利厚生など待遇が魅力な場合もある
□ 夜勤がある場合は、別途夜勤手当などが支給されることもある

 

働く上でのデメリットとは?

困り顔の白衣の女性
院内保育施設で働く上で、デメリットと言えるのはやはりその独特の勤務体系でしょう。24時間360日開所している場合には、変則的なシフト勤務になる、また月1~2回程度夜勤となることも多くあります。
 
ただし必ずしも夜勤があるわけではなく、あったとしても代わりに年間休日数が充実していることもあるため、ご自身のライフスタイルに合った働き方を選択されると良いでしょう。

 

◆小規模保育施設で働くデメリット◆
□ シフト勤務で固定の勤務がしづらい
□ 夜勤がある場合がある
□ 保育室が広くなかったり園庭がないことがある
□ 大きな行事に携われない
□ 大規模園の保育ノウハウが身に付きづらい
□ 看護士さんなどの勤務時間(残業など)に左右されやすい
□ 感染症などには十分に注意する必要がある

求人の一例を見てみよう!

散歩中の子ども
ではここで、参考までに院内保育施設の、保育士さんの求人例を見てみましょう。

院内保育の求人の例(大規模病院運営の場合)
職種 保育士
雇用形態 正社員
給与 月給198,606円
(固定残業15H含む)
勤務時間
休日
週4~5日
8~11時間のシフト制
待遇 賞与有1.5カ月分
レジャー施設優待等あり
園児数 0~5歳まで10名程度

※記事掲載時点で弊社でご紹介している求人のなかから、一例としてご紹介しています。施設により条件に差がございます。

【保育のお仕事】でも院内保育の求人をご紹介中だホィ!

⇒求人一覧を見てみる!

 

院内保育で働きたい場合には

保護者のイラスト
院内保育の場合には、比較的小規模なことも多く、保育士さんの募集人数も少ない傾向にあります。「院内保育施設で働きたい!」という場合には、定期的に求人をチェックしてみましょう!
 
また、好条件の場合には非公開になっていることもあるため、人材紹介会社などに相談し、希望に合った求人の紹介を受けてみるのも良いでしょう。【保育のお仕事】でも、ご希望条件に沿ったお仕事探しが可能ですので、お気軽にご相談くださいね!
 
保育のお仕事転職サポート
 

編集者より

ほいくん
院内保育施設へ転職された方の中には、「落ち着いて保育ができるようになった」という感想を持たれる方もいれば、将来大規模な保育施設に転職したら、自分のノウハウが通用しないのでは?と心配される方もいらっしゃるようです。
 
長期的にご自身のキャリアを検討したうえで、それに合った就職が実現できたら良いですね。皆さまの転職、就職活動がうまくいきますように!
 

参考資料

Wikipedia
保育CAN
みんなのお買いものナビ@DIME
東京都福祉保健局
ほいくの森

保育のお仕事
友だち追加