神奈川県の保育士・幼稚園教諭求人一覧

神奈川県の求人を紹介してもらう

神奈川県の保育士・幼稚園教諭の給与情報

  • 平均月給

    20.0万円

  • 最高月給

    35万円

  • 最低月給

    15万円

※保育のお仕事に現在掲載されている正社員求人980件の月給情報に基づく

都道府県
市区町村
雇用形態
給与(月給)
職種
施設形態
特徴
フリーワード

神奈川県の保育士・幼稚園教諭の給与情報

平均月給
20.0万円
最高月給
35万円
最低月給
15万円

※保育のお仕事に現在掲載されている正社員求人980件の月給情報に基づく

神奈川県の保育士求人の給料・相場

保育のお仕事に掲載されている求人データより、神奈川県の保育士の給料相場をご紹介します。神奈川県全体の平均月給は21.9万円です。施設形態別にみると、保育園では22万円、幼稚園では17.9万円、認定こども園では17.2万円となっています。雇用形態別では、正社員は23.9万円、パート・アルバイト・契約社員では17.2万円です。パート・アルバイトの平均時給は1036円となっています。

神奈川県の保育士求人倍率

厚生労働省の「保育士等に関する関係資料」では、平成27年では、全国の有効求人倍率は1.93倍に対して神奈川県の保育士の有効求人倍率は2.66倍を記録し、全国平均より高くなっています。

神奈川県で働いている保育士の内訳

神奈川県保育士実態調査結果によると、正規職員50.3%、非常勤職員(フルタイムまたは、週30時間以上の勤務)13.7%、非常勤職員(週30時間未満の勤務)29.2%でした。 また、年代別では、20代19.1%、30代26.9%、40代23.6%、50代21.7%、60代8.4%と30?40代の割合が多くを占めています。

神奈川県の保育所・保育施設数

神奈川県によると、平成28年度時点では保育所等施設(保育園、認定こども園、小規模保育事業等)は1,904ヶ所と前年に比べ184ヶ所増えています。定員数は平成28年度138,721人とこちらも前年に比べ8,844人増えています。

神奈川県の保育関連の取り組み

神奈川県によると、平成22年度の待機児童数は4,117人でしたが、平成28年度では497人とピーク時に比べ大幅な減少につなげることが出来ました。今後待機児童を減らすために、保育所等整備費補助により、188ヶ所、約6500人定員を増やす予定です。また、保育士確保の取り組みでは、潜在保育士の復帰支援(かながわ保育士・保育所支援センターによる就職相談・斡旋、就職支援セミナー・就職相談会の開催)、年2回実施される全国共通の保育士試験に加え、年3回目の試験として県独自地域限定保育士試験の実施、保育士養成施設に入学した学生を対象とした修学資金や潜在保育士の就職準備金の貸付が挙げられます。

神奈川県ってどんなところ?

神奈川県の人口は平成29年3月時点で9,141,390人と総人口の約6,9%を占め、面積は2,415.85㎢で国土の約0.6%を占めています。政令指定都市は、横浜市、川崎市、相模原市です。名産品には、三浦スイカ、三崎マグロ、鎌倉ハトサブレー、崎陽軒のシュウマイ、葉山牛、小田原かまぼこなどです。県内には観光スポットも多くあり、三渓園、山下公園、横浜中華街、横浜みなとみらい21、横浜ワールドポーターズ、横浜赤レンガ倉庫などが有名です。方言は神奈川弁です。神奈川県の主要企業は、有隣堂、ノジマ、日産自動車、ファンケル、コナカなどがあります。ゆるキャラには、あゆコロちゃん(厚木市)、えび~にゃ(海老名市)、ざまりん(座間市)、ヤマトン(大和市)、えぼし麻呂(茅ヶ崎市)などがいます。神奈川県の「保育所等利用待機児童者数」によると、神奈川県の待機児童数ピークの平成22年度では、4,117人に対し、平成28年度は497人と格段に減少しました。また、県での取り組みとして、認可保育園等に対する潜在的ニーズも根強いことから引き続き市町村と連携して保育園等の整備を進め、定員の拡充に向け動き出しています。他、潜在的保育士の復帰の支援や、保育士養成施設に入学した学生を対象にした修学資金や潜在保育士の就職準備金の貸付など県独自の取り組みを展開しています。