読了の目安:約7分38秒
[記事公開日][最終更新日]

保育所不足が叫ばれている昨今、注目されているのが保育ママです。
自宅で子どもを預かることができる、より家庭的な環境の中での保育が実現できるとして、利用希望者も少しずつ増えているようです。一方、保育士や潜在保育士からも、「保育ママとして開業したい!」という声が多く上がっているそう。

今回の記事では、「保育ママ」についてじっくり考えていきましょう

「保育ママ」とは?

保育ママ

ニュースなどで聞いたことはあるけれど、そもそも「保育ママ」ってどういうもの?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
保育ママとは、仕事や怪我・病気などにより保育ができない保護者に代わって、子どもを自宅で預かる保育者・保育施設のことを指します。自治体の認定を受けており、家庭福祉員、家庭的保育者とも呼ばれます。
平成22年4月の児童福祉法の改正に伴い、家庭的保育事業として法定化されました。すべての自治体で実施されているわけではないので、利用したい・開業したいという場合には、近くの自治体に確認しましょうね。

「保育ママ」の利用条件

保育ママ
保育ママ制度を利用するためにはいくつか条件があります。保育ママを目指す人も、「どのような家庭と接するのか」という視点でチェックしてみてくださいね。

利用できる条件 ■保護者が実働5時間以上、週4日以上の就労をしている
■傷病による入院・自宅療養等をしている
■就学している
保育可能な子ども 3歳未満の赤ちゃん

※参考:江戸川区「保育ママ制度のご利用案内」

保育ママになるために必要な条件は?待遇は?

保育ママ

では、今度は保育ママになるための必要条件について見ていきましょう。
各自治体によって制度が異なりますが、保育ママとして開業するには一定の条件を満たす必要があります。

保育ママの一般的な必要条件

◆ 自治体内に居住する心身健全な25歳~60歳くらいまでの方

◆ 子育てに熱意と愛情を持っていること

◆ 子どもを育てた経験がある、または保育士・看護師資格、幼稚園教諭免許があるか、保育所等の施設で3年以上働いた経験のある方(自治体によっては資格が必須な場合や、逆に研修を受け認定された場合には無資格でもOKな場合もあります)

◆ 同居親族に就学前の児童がいないこと、看護や介護の必要な方がいないこと

◆ 他に職業を持たず保育に専念できること

◆ 通風採光の良い、6畳以上の保育専用の部屋が確保できること

◆ ペットを飼っていないこと…など

保育ママとして働く上での待遇

収入 ・保護者からの保育料(平均20,000円~30,000円/月程度)
・時間外保育料(1時間当たり300円~500円程度)
・自治体からの保育補助金(ある場合は平均70,000円~85,000円/月程度)
※紙おむつ等の負担額は別途徴収可能
※地域によってはその他整備費などとして30,000円/月程度の補助がある場合もあります
開業資金 新規開業者については、環境整備に対する補助金がある場合があります
定年 65歳の誕生日をむかえた年の年度末(延長可能な場合もあります)
定員 預かる人数はおおむね2~3人まで(補助者がいる場合には5人まで)
保育時間 午前8時~午後6時程度までで基本的には日中8時間の勤務。別途時間外保育を行うことも可能とされています
休日 基本的に日・祝日が休日、自治体によっては年末年始、夏期休暇など日にち指定で休日となる場合もあり、10~20日程度の有給休暇も取得できます
給食など 保護者によるお弁当持参の場合が多いようですが給食提供の場合もあります
イクミ

保育所などと異なり賞与等は発生しませんが、自治体の補助があるので整備補助などが無かった場合も月270,000円程度(3人預かった場合)の収入が見込めます。

ほいくん

また自治体の方針に沿って運営を行うことから、日曜、祝日、夏季、年末年始なども休日となり待遇面でも魅力がありそうだホィ。

ここは注意して!

保育ママ

保育ママになる上で注意すべきポイントは、保育ママが「個人事業主」であるということ。
個人事業主となりますので、国民健康保険、国民年金、その他賠償保険への加入は必須となります。その費用については基本的に保育ママの負担となるので注意しましょう。また確定申告などの税務署への届出も必要です。

「なってよかった!」「こんなところが大変…」先輩保育ママの声

ではここで実際に保育ママとして活躍される方の声から保育ママとして働く上のメリット、デメリットを探ってみましょう!

保育ママになってよかった点

女の子の赤ちゃん

    • 保育園と違い、子ども達・保護者の方との距離が近く、きめ細かな保育、温かい雰囲気の中での保育が出来るので、良かったと思います。

    • 何といっても日々成長していく子ども達の姿と私に向けてくれる子ども達の笑顔です。そして子ども達ともママ達とも深く関わることができるので同じ方向をみつめ関わっていける充実感は、保育ママだからこそ!!家族・友人・地域の方々もひんぱんに訪れ、声をかけて下さり、私自身周りの方にたくさん感謝の気持ちを感じることができました。

  • 少人数制なので子ども一人一人の発達や性格を考慮し、もう一つの自宅のような環境でその時の気分や体調に応じた保育がきめ細かくできる事や、育児をしている様で育児させて頂いてると思うことがあります。昨日までできなかった事ができるようになった時は保護者と共に喜びを分かち合うだけでなく、感謝もしていただけた時とてもやりがいを感じます。

保育ママになって大変だと感じた点

男の子の赤ちゃん

    • 保育士でありながら看護師・事務・用務・・・と全ての仕事をこなしていくわけですから、やるべき事・やった方がいい事・やりたい事がいっぱ~い!!そして自宅での仕事になるので、仕事と自分の時間の境が難しく、子どもが帰った後はもちろんお休みの日も何かしら仕事をしていたかも…

    • 保育中は、責任重大で、常に緊張していますし、子育ての相談時は、自身の経験だけで答えてはいけないし保護者への伝え方にも一定のルールがあるはずなのでコミニュケーション能力と専門的知識・技術を日々向上する努力が必要だと感じています。事業主としては初年度でしたので未経験な会計管理・帳簿等に手間取ってしまいました。

  • どんな仕事でもそうですが、責任はとても感じます。体調には気をつけ、常に健康でいなければいけないので、気をつけています。。

家庭的な雰囲気、子どもや保護者との距離が近いことなどのメリットがある一方で、責任が重い、幅広い業務への対応が出来なくてはならない、保育に関する十分な経験と知識が必要であるなど、大変な点もあるようですね。

《参考》葛飾区保育ママ情報|開業1年目の保育ママに聞いてみました

将来の開業のために準備しておくとよい5つのコト

保育ルームのイラスト

保育ママは個人事業主であり通常の保育所に勤めるのとは状況が大きく異なります。将来的に保育ママとして働くことを考えている方は、必要な条件を満たすことに加え、開業に向けた次の5つの準備をしておくと良いでしょう。

大規模な保育施設で経験を積む
保育ママとして開業する場合、様々な状況に対応できる知識と経験が必要になります。保育士資格や幼稚園教諭資格をお持ちでまだ若くキャリアが浅いという場合には、多くの子どもや保護者と接し、対応事例を増やすことも役立つでしょう。
キャリアの長い方は小規模保育を経験しても
ある程度の保育経験のある方であれば、開業後の保育環境に近い小規模保育での経験を積んでおくのも良いかもしれません。敷地面積が狭い中で注意すべき点や園庭が無い環境での遊びなど参考になる点がいろいろとあるはずです
チャイルドマインダーや社会福祉士などの資格取得
チャイルドマインダーは家庭的保育のスペシャリストを目指すための民間の認定資格です。集団保育ではなくより少人数の家庭的保育に特化した知識の習得に役立つため、通信教育などを受講し、資格を取得するのも良いでしょう。また、保育ママとして開業する場合は、保護者に対してもよりきめ細やかな対応が必要になります。社会福祉士の資格取得を目指したり、関連書籍などで知識を深めておくことで様々な悩みを抱える保護者へ適切なアプローチをしやすくなるでしょう。

《関連記事もどうぞ》
今!保育士さんに必要な「ソーシャルワーク」どう学ぶ?どう活かす?

開業のための施設整備、資金準備
自宅を利用する場合、開業には基本的におもちゃなどの準備のみで済みますが、子どもたちが安全で快適に過ごせるようリフォームなどが必要な場合もあります。そのほか家具の転倒防止器具や安全柵などの設備を整えることが重要になりますので、資金面でのプランをよく練り整備を行いましょう。(自治体によっては開業資金の補助がある場合もあるので相談を!)
《参考》家庭的保育の安全ガイドライン
事業主としての会計管理方法を考える
個人事業主として避けては通れないのが確定申告。帳簿の付け方によって青色、白色の申告方法があり、帳簿つけや決算書をきちんと作れば、節税効果が見込める青色申告が可能です…とはいえ知識が名合状況で様々な帳簿をつけるのは大変…そんなときには会計ソフトなどを準備し、操作に慣れておくと良いでしょう。

会計ソフト「freee(フリー)」|全自動のクラウド会計ソフト
無料から試せ、個人事業主プランも月額980円とリーズナブルなソフト。経理・簿記の知識がなくてもカンタンに決算書を作成でき、銀行口座の登録により会計帳簿作成が出来る、青色申告にも対応しているなど便利な点が多くあり人気です。
《参考》会計ソフト「freee(フリー)」|全自動のクラウド会計ソフト
会計ソフト「弥生会計」|Windows用の会計ソフト
わかりやすい画面展開と辞書機能で使いやすい人気ソフト。定価が12,600円と高めですが、30日間無料で試用できます。青色申告にももちろん対応!
《参考》会計ソフト「弥生会計」|Windows用の会計ソフト

編集者より

第二の家庭のような環境で保育に関われる保育ママですが、一方では事故例なども報告されており、命を預かることの責任の重さを感じます。
子どもたち、そして自分自身を守るためにも開業前には入念な準備をしたいものですね。また、保育ママ制度は地域によって体制が異なります。開業を考える場合は自治体に問い合わせて要項を確認しましょう!

No tags for this post.
保育のお仕事
友だち追加