保育の基礎知識

株式会社と社会福祉法人って何が違うの?~保育園の運営主体~

ひとくちに保育園と言っても、その運営主体は園によって異なります。2000年には認可保育所の設置主体制限が撤廃され、社会福祉法人だけでなく、株式会社も参入が可能となりました。

「運営主体によって働き方に何か違いはあるの?」「学校では社会福祉法人を勧められたけど、本当に株式会社よりいいの?」
疑問に思う保育士さんも多いのではないでしょうか。そこで今回は、保育園の主な2つの運営主体を比較していきます。

株式会社・社会福祉法人ってなに?

社会福祉法人
まずはおさらいとして、株式会社と社会福祉法人について基本的な部分を見ておきましょう。

株式会社

株式会社とは、株式を発行して投資者から資金を調達し、そのお金を使って事業を行う会社を指します。
株式が公開されていれば誰でも株主になることが可能です。世間でよく聞く「株主優待」は、事業が成功した会社がその利益を利用して、株式を購入した株主へ優待を行うことですね。

社会福祉法人

社会福祉法人は社会福祉事業を行うことを目的に設立された公益法人を指します。
障害者・高齢者などを対象とした各種福祉施設や、保育園、病院や診療所などの医療機関の運営主体となることがほとんど。
また介護福祉士や保育士を養成する専修学校を運営している法人もあり、同じ法人内の福祉施設と連携していることもあります。

そもそも株式会社と社会福祉法人って何が違うの?

社会福祉法人
以前、認可保育所の設置は市町村や社会福祉法人に限定されていました。しかし待機児童問題を背景として2000年には、株式会社も認可保育所を設置できるようになりました。

さて、そもそも社会福祉法人と株式会社、一体どこが異なるかをご存じですか?まずはその違いからチェックしてみましょう。

◆社会福祉法人と株式会社の違い◆
【社会福祉法人】 【株式会社】
事業目的 社会福祉事業
(その他公益事業、収益事業など可)
自由
所轄庁 都道府県や政令指定都市、中核市 なし
設立に必要な人数 理事6名以上、監事2名以上、理事の2倍を超える評議員 1人以上
決算の公開 財務諸表を含む現況報告書を所轄庁に提出 公告義務あり
資金 寄付金
補助金
株式・債券発行
残余財産の処分 提起の定めにより、帰属すべき者に帰属、それによって処分されない財産は国庫帰属 債務弁済後、株主に分配
◆社会福祉法人と株式会社の税制と補助金◆
【社会福祉法人】 【株式会社】
法人税 原則非課税
(収益事象により生じた所得は課税※所得の22%)
課税(※所得の30%)
道府県民税 原則非課税 課税
市町村民税 原則非課税 課税
固定資産税 社会福祉事業用の固定資産は非課税 課税
事業税 原則非課税 課税
補助金(施設整備費) あり なし
補助金(運営費) あり あり
自治体による補助金加算 あり 対象外が多い
解説時の低利融資 (独)医療福祉機構より低利融資あり なし
大きな違いは営利団体か、非営利団体かという部分だホィ。社会福祉法人は、営利目的では社会福祉事業を展開できないけれど、その分税制や補助の面で優遇されているホィ。
設置主体の制限は撤廃されたけれど、そういった補助や税制の待遇差が、株式会社の参入を妨げてしまっているという実態があります。また、実際には株式会社の参入に消極的な自治体もあって、まだまだ株式会社の認可保育所は少ないんですよ!

社会福祉法人の保育園で働くメリット&デメリット

社会福祉法人

ではここからは実際に、保育士として働くうえでのメリットとデメリットをチェックしてみましょう。まずは社会福祉法人運営の園についてです。

◆働く上でのメリット◆
□ 保育園経営の歴史が長く基盤がしっかりしている
□ 長年経験を積んだ職員がいる傾向にある
□ 大規模な社会福祉法人であれば待遇や福利厚生が充実している
□ 歴史ある保育園が多く方針等が安定している
□ 法人ごとに大きな特徴があり自分に合った保育方針を探せる
◆働く上でのデメリット◆
□ 社会福祉法人だからといって、経営困難のリスクがない訳ではない
□ 社会福祉法人への指導監査がある
□ 営利目的で経営ができないため、備品や遊具などになかなかお金を割けない
□ 家族経営などで、園長やその家族の権力が強い、人間関係に気を遣うなどの可能性がある
□ 慣例を重視し、新たな取り組みへのチャレンジが難しい場合がある

運営する社会福祉法人ごとにも異なりますが、おおまかに言って上記のようなメリット、デメリットがあると言われています。歴史が長い分、新たなことにチャレンジすることが難しい一面があるかもしれませんが、保育ノウハウが蓄積されていたり、経験のある職員が多かったりといった安定的なメリットがあるでしょう。

社会福祉法人の求人特集はこちら!

株式会社の保育園で働くメリット&デメリット

子どもと遊ぶ保育士
では一方で株式会社運営の保育園で働くメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

◆働く上でのメリット◆
□ 大規模な株式会社を中心に、処遇改善への取り組みも見られる
□ 福利厚生の体制が整っている傾向にある
□ 複数施設を運営しており、転居などに対応しやすい
□ 業務のIT化など新たな取り組みに積極的
□ 若手も多く意見が出しやすいケースがある
□ 新園オープンなど立ち上げから関わることができる
□ 本部での研修など情報交換の機会がある
□ 競争理念のもと、独自のプログラムが展開できる
◆働く上でのデメリット◆
□ 営利団体のため多様な保育ニーズへの対応が必要
□ 比較的事業参入からの歴史が浅く、小規模な企業などは経営リスクがある
□ 同園で長年経験を重ねてきたベテランが少ない
□ 本部が現場を理解していないケースがある
□ 人件費削減のために非正規雇用の率が高い傾向にある
□ 園長や上席の経験年数が浅く、ケーススタディが蓄積されていない

比較的新しい園も多く、全国に複数の園を展開することが多いです。ライフスタイルの変化で会社を辞めることなく、異動ができるケースもあります。

事業参入から日が浅く、保育の質が保てないのでは?破たんのリスクがあるのでは?とも言われていますが、より魅力的な保育を目指して、オリジナリティのある保育プログラムを導入したり、研修を充実させたり、環境整備に配慮したり…そういった努力を行う企業もたくさんあります。

結局は法人や園個々の問題!

指示棒を持つ保育士さん
「社会福祉法人だから」「株式会社だから」一概にこういった区別で、良し悪しを決めることはできません。例えばよく「学校で、株式会社の保育園は経営破たんのリスクがあると言われましたが…本当ですか」という質問を受けますが、経営がうまくいかなくなるリスクは、なにも株式会社だけにあるものではありません。

保育の質に関しても同様です。営利目的だから質が低い、そうでなければ高いという単純なものではないでしょう。そこには運営する法人の方針も関わってくれば、個々の園で働く方の意識や取り組みの内容も関わってきます。つまり、保育園の特色、働く上での良い点、悪い点は個々の法人、園によって異なると言えるでしょう。

保育のお仕事に転職相談!

編集者より

社会福祉法人情報化社会と言われる今、口コミや各メディアの発信する情報には、どうしても振り回されがちです。そこで大切なのは、鵜呑みにして色メガネでものを見ない、ということです。

たしかに株式会社と社会福祉法人には、制度上異なる部分はありますが、保育の方針は法人ごと、園ごとにさまざまですし、待遇や福利厚生などの条件面も、地域や運営主体によってまちまちです。

自分の目で、耳で、目で、実際に園を見て、その良さや課題を見出しながら、あなたにとってベストな職場が探せたら良いですね!

参考文献・サイト

ABOUT ME
保育のお仕事レポート
保育のお仕事レポート
保育業界専門の転職支援サービス「保育のお仕事」です。 「保育のお仕事レポート」は、現場で働く保育士さんのためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNS(FacebooktwitterLINE@)で要チェック! 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-shigoto.comまでどうぞ。