読了の目安:約14分56秒
[記事公開日][最終更新日]

保育園では年長クラスになり、卒園や小学校入学も見えてくる5歳児。友だちとのかかわりのなかで、社会や集団のルールを理解し、少しずつ成長のステップを登っていきます。

毎日の生活において、身のまわりのことはひととおり自立し、自分自身でできることも増える5歳児ですが、小学校での生活も考えたうえで、自ら考えて行動する力をつけていく必要もあるでしょう。

今回は、保育園生活の締めくくりとなる、5歳児との接し方のポイントを、くわしくご紹介していきます!

5歳児の発達の目安をチェックしよう!

保育士
5歳ともなると、心身ともに成長し、お兄ちゃん・お姉ちゃんとして、年下の子どもたちの面倒を見る姿も見られるようになります。そんな5歳児の体と心の発達について、まずは詳しく見ていきましょう。

身長・体重はこれくらい!

厚生労働省による「平成22年度 乳幼児身体発育調査」では、5歳児の身長・体重のおおよその目安が紹介されています。

◆5歳(0~6ヶ月)の成長目安(男女別)◆
男子 身長:100.5cm~116.5cm(中央値:108.0cm)
体重:14.37kg~23.15kg(中央値:17.56kg)
女子 身長:99.1cm~114.8cm(中央値:107.3cm)
体重:14.01kg~22.69kg(中央値:17.32kg)
◆5歳(6~12ヶ月)の成長目安(男女別)◆
男子 身長:103.3cm~119.9cm(中央値:111.3cm)
体重:15.03kg~24.33kg(中央値:18.63kg)
女子 身長:101.6cm~118.2cm(中央値:110.6cm)
体重:14.81kg~24.22kg(中央値:18.27kg)

体重の伸びは比較的ゆるやかですが、身長は6歳までに6cm程度伸び、すらりとした学童体型に近づいていきます。

バランスを取る能力が向上する

体力や筋力のほかバランスを取る能力が発達することによって、より複雑な動きが可能になります。

平均台を渡ったり、ブランコの立ちこぎをしたりといった、高度な運動遊びもできるようになり、歩くスピードも大人とほとんど変わらなくなるでしょう。

    ◆5歳児ができるようになることの目安◆

  • 歩く速度が大人とほぼ変わらなくなる
  • ブランコの立ちこぎができる
  • スキップが上手にできる
  • 平均台などの細い場所をバランスを取りながら渡れる
  • 向かい合ってボールを蹴る・投げることができる
  • ジャングルジムを上まで登ることができる

体を外で思いっきり動かして遊ぶことで、運動能力をさらに高めることや、「どんなことをしたら危険なのか」を学ぶことにつながっていくよ!

手先がさらに器用になる

手先の器用さも、4歳のときより向上します。ハサミを上手に使いこなして、直線・曲線などを自由に切ったり、ホチキスやスティックのりなども用途に応じて適切に使い分けられるようになるでしょう。

    ◆5歳児ができるようになることの目安◆

  • ハサミで直線や曲線などを切ることができる
  • ホチキスやのりなど、道具の用途を正しく理解して使える
  • リボン結びや固結びをすることができる
  • 〇・△・□などの図形が描ける
  • 人間の顔や体などが描ける
  • 体験を絵画で表現することができる

制作の時間には、子どもたちがそれぞれ工夫を凝らして、楽しく作品作りができるホィ!

身のまわりのことはほぼ自立!

着替えや歯磨き、トイレ、服をたたむ、おもちゃを片付けるなど、身のまわりのことはたいてい一人でできるようになります。

箸を使ってこぼさずに食事をすることもでき、マナーやルールを守って食事ができるようになります。

生活習慣の面では、ほぼ自立していると言えるでしょう。

    ◆5歳児ができるようになることの目安◆

  • 箸を正しく使ってこぼさずに食べられる
  • 食事をこぼすなどしたら自分で拭くことができる
  • 決められた時間、離席せずに座って食事ができる
  • 靴をそろえて下駄箱にしまえる
  • ほうきや雑巾が使える
  • 保育園の身支度を自分ですることができる
  • かんたんなお手伝いができる

自分や周りの状況に気づいて、臨機応変に対応できるようになってくるよ。

 

友だち同士のおしゃべりも楽しい

言語能力や記憶力もさらに発達し、自分の意思を、きちんと文章にして相手に伝えることができるようになります。

お友だちと、同音語を使った言葉遊びやなぞなぞ、ダジャレ、しりとりなどの言葉遊びを楽しむこともできるようになってきます。

    ◆5歳児ができるようになることの目安◆

  • ひとつの話題をテーマにおしゃべりができる
  • ダジャレや冗談など、言葉をつかってユーモアのある会話ができる
  • 自分の意志を文章にして伝えることができる
  • 自分の名前や年齢、住所や両親の名前などを答えることができる
  • 「どうして?」の質問に対して、その理由を答えることができる
  • 想像力をはたらかせて、お話を創作することができる
  • 絵を見て擬態語や擬音語で表現ができる

 

知能が発達して理解力・記憶力がアップ

図形や位置、色、話の内容などを理解し、同時に記憶できるようになります。論理的な思考や判断、推測などの能力が劇的に伸びるので、複雑な指示に従うことも徐々にできるようになるでしょう。

また、曜日や時間、数などの考え方、「大きい・小さい」など比較概念への理解が深まるなど、5歳頃の知能は、めざましく発達していきます。

    ◆5歳児ができるようになることの目安◆

  • 時間や曜日の概念が理解できる
  • 「大きい・小さい」「重い・軽い」など比較ができる
  • 数的理解力がついて、ある程度の数を数えることができる
  • 数個の違いでどちらが多いか・少ないかの判断ができる
  • 文字の読み書きに興味を示す子もいる
  • 理解したことを長期間記憶できる

子どもの興味の方向性などで、発達には個人差があるホイ。できないことがあっても焦らず見守ることが必要だホィ!

社会性が育つ

自身の経験や学びから、他者を見て感情を想像することができるようになります。自分の欲求を押しとどめ、ルールに従って遊ぶなど、感情のコントロールもうまくできるようになってきます。

また道徳の理解が徐々に進むため、公共の場でのマナーを意識できるようになるでしょう。自分の要求だけでなく友だちの要求も理解できるようになります。

友だちの必要性を認識すると同時に、自分よりも小さい子や、高齢者などに対して思いやりの心を持てるようにもなります。

相手の気持ちを考えたうえで、自分自身の行動を決めることができるようになっていくよ!

「アレ……?」発達に気になる点があったら

ここまで歳児の心身の発達の目安をご紹介してきましたが、発達には大きな個人差があります。そのため、ひとつのことができなかったからといって「これができないのはおかしい!」と神経質になる必要はありません。

しかしながら、「じっとしていることができない」「呼びかけに反応を示そうとしない」など、気になる行動が顕著にあらわれる場合には、発達障害が隠れている可能性もあります。その場合には適切な支援を行う必要がありますので、注意深く見守っていきましょう。

4歳児との接し方で大切な3つのポイント

子どものイラスト
5歳児は「幼児」から「小児」となる、いわば過渡期。そのかかわり方には、忘れてはならない大切な3つのポイントがあります。

【ポイント1】「自分で考える力」を育もう!

この時期の子どもたちは、主体的にものごとや人とかかわることで、「考えて発言・行動する力」を身につけていきます。積極的に人と関わる機会を設けるとともに、子どもたちの考える姿を十分に認めてあげ、ときにはサポートしてあげましょう。

◆さまざまな人と触れ合う機会を作ろう◆
同年齢の子どもたちはもちろん、異年齢の子どもたちや、地域の人との交流のなかで、子どもたちはその場に合った立ち振る舞いや、人との接し方を学んでいきます。
保育園の中には、縦割り保育の時間を設けたり、小学生との交流の機会を作ったりしているところも多くありますが、さまざまな立場の人と接することができる機会を設けることは、多くの経験と、「考えるきっかけ」を与えてくれることでしょう。
◆子どもの力を信じてあげよう◆
保育士さんが手を出さなくても、子どもたちだけでできること、任せられるところは、子どもたち自身に委ねるようにしましょう。たとえひとりではできなくても、子ども同士協力しあうことでできることもあります。
「どうしたい?」「どうしたらよいと思う?」と時には質問を投げかけながら、自分自身の力で問題を解決したり、課題を達成するためにはどうすべきか、試行錯誤する機会をたくさん設けてあげましょう。
◆思いやりの心を育もう◆
この時期は高齢者や、ハンディを抱えた人、自分よりも小さい子どもたちに対する思いやりの心を育むにも適しています。
「○○してあげると喜ぶんじゃないかな?」「どうしてあげたらうれしいと思う?」とアプローチして、子どもたちに考えさせることで、他者の心に対する理解や想像力、やさしい気配りなどを徐々に学び、覚えていくことができるでしょう。

逆に、大人の都合を押し付けたり、子どもの考え方や行動を頭ごなしに否定してしまうことは、子どもたちの自主性の芽を摘んでしまうことにつながりかねません。日々の保育のなかでも、無意識にそのようなかかわりになっていないか、十分に注意する必要があるでしょう。

◆5歳児との接し方でしてはいけないこと◆
●子どもの意思や考えに耳を傾けない
●子どもの考えを否定する
●子ども同士のトラブルをすぐに仲裁してしまう
●子どもが考えてやろうとする前に「やってあげて」しまう

【ポイント2】大人の理不尽や矛盾を押し付けないようにしよう!

5歳ごろの子どもたちは、大人の行動をよく見ています。また、ものごとに対する理解力や洞察力もかなり身についてきています。きちんと説明をしないで、大人の都合を無理やり押し付けたり、理不尽な状況を作り出してしまうことは、子どもたちの信頼を損ねる要因となってしまうでしょう。

◆まずは大人がルールを守って!◆
5歳ごろは、公共の場でのふるまい方や、交通ルールなども身に付けていく段階。指導する大人が肝心のルールを守っていないようでは説得力がありません。「大人だから特別なの!」など、なにかと理由をつけてルールを無視したり、例外を作るのはやめましょう。
◆叱るときにもきちんと理由の説明を◆
やってはいけないことをして、叱らなくてはならない場面でも、一方的に「ダメ!」と叱るのではなく、なぜいけないのかという理由をきちんと説明して、子どもたちが理解できるようにしましょう。

保護者の次に身近な保育士さんとの信頼関係を保つことは、子どもたちが安心して成長し、園生活の締めくくりをよりよいものにするためにも不可欠です!日々の保育のなかでは、以下の点に気を付けていきましょう!

◆5歳児との接し方でしてはいけないこと◆
●大人がルールを守らない
●子どもとの約束を破る
●理由を説明せずに叱る
●理由を説明せず、強制的に何かをやらせようとする

【ポイント3】小学校での生活を意識しよう!

保育園を卒園したら、いよいよ小学校入学です。小学校は保育園での生活とは、生活パターンも取り組む内容もがらりと変わります。子どもたちが就学後に戸惑ってしまったり、うまくいかずに悩んでしまったりすることがないよう、ある程度その生活を意識して、取り組みを行っていく必要もあるでしょう。

◆時間を意識した行動を心がけよう◆
「過去」「現在」「未来」の概念がきちんと理解できるようになる5歳児。日々の保育のなかでも先の見通しを持って動くことが必要となってきます。
小学校にあがれば、決まった時間に決められたことをこなさなくてはならなくなります。食事の時間をある程度目標として決めてみる、「〇時になったらお部屋にはいろうね!」などと声掛けをして、時間の感覚を養うなど、時間の意識した保育を心がけてみましょう

 

◆文字や数字の学習に焦らない◆
ものを覚えるタイミングは子どもによってまちまち。この時期にすでに読み書きや、数の理解が進んでいる子もいますが、まだまだ関心を示さない子もいるでしょう。
文字を書いてみるなど、興味を持たせるような取り組みは大切ですが、無理に反復練習をさせることは、保育の本来の目的からずれてしまうだけでなく、保育者にとっても子どもにとってもストレスとなってしまいます。
文字や数字に抵抗感を抱いてしまわぬよう、生活のなかで関心が持てるような働きかけをしましょう。
◆「褒める」ことで自己肯定感を高めよう◆
これから新たな世界に飛び込んでいく子どもたちにとって、大切なのが「自分は認められている」「自分にはできるんだ」という自己肯定感を持つこと。
子どもたちができたことは、ぜひしっかりと褒めてあげましょう。小さな進歩であっても取り上げて、努力を認めてあげることで、子どもたちの自信につながります。
◆保護者へのフォローも忘れずに!◆
子育てをするパパ・ママにとっても、小学校入学は不安なものです。時には悩みを聞いたり、家庭での過ごし方に助言をしたりなど、保護者支援の視点も忘れずに持っておきましょう。

小学校の入学を意識した取り組みは、園ごとにさまざまですが、あまりそのことばかりにとらわれてしまって、保育本来の目的を見失ってはいけません。表面的な「学習」をさせる、ものごとを「覚えさせる」だけではなく、子どもの成長を見守り、支えるという視点を忘れないようにしましょう。

◆5歳児との接し方でしてはいけないこと◆
●数や文字を覚えることを強要する
●できることを比較して優劣をつける
●表面的な学習のみに注力する

 

えんぴつやお箸の持ち方や、文字の読み書きなど、完全にできていなくても、焦らないで見守ってあげましょう!

子どもたちが興味・関心を持って、主体的に取り組めることが大切だホィ!

 

5歳児にオススメの遊び・絵本

女の子
5歳になると、ルールのある集団遊びを楽しむことができるようになります。ときには、子どもたち同士で話し合いながら、独自のルールを設ける姿も見られるでしょう。戸外では、ダイナミックに体を思い切り動かせる遊びを取り入れていきましょう!

◆オススメの戸外遊び◆
●ドッジボール
●ごっこ遊び(自然物を活かしてもよいでしょう)
●かくれんぼ
●アレンジ鬼ごっこ
●だいこん抜き

ある程度ボールを定まった方向に投げたり、蹴ったりすることができる5歳児。力の加減もできるようになってきますので、ドッジボールやサッカーといった球技もおススメです。定番の鬼ごっこには、「タッチされたら〇〇になっちゃう!」とアレンジのルールを追加してみるのもよいでしょう。

◆オススメの室内遊び◆
●連想ゲーム
●ブロック遊び
●絵しりとり
●伝言ゲーム
●ごっこ遊び

室内でも、みんなで簡単なルールに沿って楽しむ遊びがオススメ!「リンゴといったら…?」「赤い!赤いと言ったら…?」と続く連想ゲームや、みんなでひとつのものを作り上げるブロック遊びや大きな模造紙へのお絵かき、言葉の代わりに絵で表現する絵しりとりなど、みんなでワイワイ楽しめる遊びがたくさんあります。
 
ごっこ遊びも少し発展させ、集団で楽しめみながら、卒園後の生活を疑似体験できるような企画してもおもしろいでしょう。

たとえば、子どもたちそれぞれがお店を構え、おもちゃのお金でやりとりをすることで、お金の使い方や、数の概念などを学ぶきっかけになりますね。

5歳児におすすめの絵本<3選>

絵本
さいごに、5歳の子どもたちの想像力をかきたて、ゆたかな心を育むのにピッタリの絵本を3冊ご紹介します!


▲卒園にもピッタリの絵本。大きくなるということはどういうことか、園長先生が優しく1ページ1ページ教えてくれます。作品中には「おおきくなるっていうことは ちいさなひとにやさしくなれるってこと」というステキな一文も。子どもたちにも、ぜひそんな優しい人間に育っていってほしいものですね。
 



▲レオ・レオ二作の名作。小学校の教科書などで出会う人も多いと思いますが、5歳くらいから読めます。仲間が食べられてしまって1匹だけ残った黒いちいさな魚のスイミー。赤い魚を遊びに誘いますが、「大きな魚に食べられるから」と出てきてくれません。そこでスイミーが提案したのは…?ファンタジーながら、自分の役割を自分で見つけ、道を切り開くことのすばらしさを教えてくれる絵本です。
 



▲幼稚園に通うさっちゃんの右手には、生まれつき指がありません。あるとき、お腹に赤ちゃんを宿したお母さんを見て、おままごとでおかあさん役をやりたいと思ったさっちゃん。思い切って提案すると、「さっちゃんはおかあさんにはなれないよ! だって手のないおかあさんなんて変だもん。」と言われてしまいます。なぜ指がないのか、お母さんに迫るさっちゃん。そのときお父さんがさっちゃんに伝えたのは、つらい現実を乗り越えるための大切な言葉でした。
 
いろいろな障がいへやさしい眼差しを向ける、人として大切なことはなにかを考える……そんなきっかけを与えてくれる感動作です。
 

編集者より

草花のイラスト
ほとんどのことを自分でできるようになる5歳児。社会に出れば、まだほんの子どものように見えても、「人の心を読み取り、大切にする」という、社会性の基礎はしっかりとできあがりつつあります。
 
現代は人と人との関係性が希薄になっているとも言われます。「人の悲しみや痛みがわからないのだろうか……」と感じるような、痛ましく悲しい事件や、いじめなどの社会問題も後を絶ちません。
 
そんな現代社会の中でも、子どもたちには、優しい心を持って、立派に社会に羽ばたいていってほしいもの。保育園での締めくくりの1年間には、そんな願いを込めて、ぜひ子どもたちにたくさん考え、迷い、相手の心に寄りそうような体験をさせてあげたいものですね。

 

◆保育のお仕事人材紹介◆

保育のお仕事をお探しのあなたを私たちがサポートします!一緒にあなたにピッタリの職場を見つけていきましょう!お気軽にご相談くださいね!
保育のお仕事転職サポート

参考資料

友だち追加

The following two tabs change content below.
保育のお仕事レポート

保育のお仕事レポート

保育業界専門の転職支援サービス「保育のお仕事」です。 「保育のお仕事レポート」は、現場で働く保育士さんのためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNS(FacebooktwitterLINE@)で要チェック!