保育ノウハウ

保育園のお正月遊び~子ども達に伝えたいお正月の楽しみ方~

お正月は、1年の健康と幸せを願って新年を祝う伝統的な日本の行事のひとつです。家族でおせちを囲み、お年玉をもらい、凧揚げやこま回しなどの遊びを楽しむ……お正月にはさまざまな風習がありますが、その由来や込められた意味については、「よく知らない」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、子ども達に伝えたいお正月のいわれや、伝統的な遊び、そして保育園でお正月を楽しむためのポイントを、たっぷりご紹介していきます!

保育のお仕事に転職相談!

お正月ってどんな行事?由来と意味を知ろう

富士山
日本においてもっとも古い年中行事とされる「お正月」ですが、そもそも、どのような行事なのでしょうか。

「お正月ってなあに?」「どうしてみんなでお祝いするの?」そんな子ども達の疑問に答えられるよう、まずはお正月の由来をチェックしてみましょう。

お正月とは?
「正月」とは、本来1月の別称ですが、現在では正月行事を行う期間を示すようになっています。
1日を「元日(がんじつ)」、3日までを「三が日(さんがにち)」、7日までを「松の内(まつのうち)」と呼びます。
この松の内や、1月15日(地域によっては20日)の「小正月」までが、一般的に「お正月」とされ、この期間内に一連の正月行事が行われます。
ちなみに「元旦(がんたん)」は1月1日、つまり元日の朝のことを指すホィ!
お正月の由来
お正月は1年の幸福をもたらすために、それそれの家庭にやってくるとされる「年神様(としがみさま)」をお迎えする行事です。
年神様とは、祖先の神様で、田の神様、山の神様でもあるので、子孫繁栄や五穀豊穣にかかわって、健康や幸福をもたらすとされています。別名を「正月様」「歳徳神(としとくじん)」ともいいます。
年神様をお迎えして、たくさんの幸せを授けてもらうために、いろいろなお正月の風習が生まれたんだよ!

 

いつからあるの?
お正月は、日本の年中行事のなかでも、もっとも古くから存在するとされています。その起源についてはまだ解明されていない部分も多くありますが、6世紀なかばには、すでに存在していたと言われています。

お正月にまつわる風習にも意味がある!


さまざまなお正月の風習は、年神様を歓迎するために生まれたもので、それぞれに意味があります。主な正月行事・風習について、その由来や意味を確認してみましょう。

大掃除

年神様をお迎えするために、家や家財、神棚などをきれいにし、清めるための正月準備です。

大掃除は12月13日の「正月事始め」に江戸城で行われていた「すす払い」に由来します。隅々まできれいにすれば、年神様が多くのご利益を授けてくれると言われています。

年越しそば

江戸時代の町人が毎月の末日に食べていた「晦日そば」のなごりと言われています。細く長いことから、大晦日に食べて長寿を願うのが一般的。

薬味のねぎは、その年の疲れへの「労い(ねぎらい)」、祈るという意味の「祈ぐ(ねぐ)」、お祓いしたり清めたりする「祢宜(ねぎ)」という言葉にかけられており、新年の幸せへの願いが込められています。

除夜の鐘

年神様をお迎えするために、大晦日は「寝ずに待つ日」とされていました。日をまたぐ前に108個あると言われる煩悩を祓うためにつかれるのが「除夜の鐘」。

107回を旧年中に、残りの1回を新年につくのが一般的です。

鐘をつく回数については、十二か月と二十四節気と七十二候を合わせた数で108という説もあるホィ!

 

初日の出

年神様は、日の出とともにやってくるとされ、元旦に初日の出を拝めば、願いが叶い、その年健康に過ごせると言われています。

門松

門松
古くから神を待つ木とされる松。年神様が迷わずにやってこれるよう、目印として玄関前に飾ります。

12月29日は「二重苦」「苦松」、31日は「一夜限り」と不吉なため、28日までか30日に飾るのが習わしです。門松を飾る期間を「松の内」といい、年始のあいさつや年賀状のやりとり、初詣などもこの期間に行われます。

しめ縄

しめ縄
神様の領域と現世を隔てる結界となり、不浄なものが入らないようにする役目を果たし、神聖な場所であることを示す正月飾りです。飾る場所は玄関の軒下の中央が一般的です。

鏡餅

鏡餅
年神様へのお供えものであり、鏡餅に年神様が宿るとされています。

お年玉・お雑煮

お年玉
現在はお金が一般的になっていますが、もともとのお年玉はお餅でした。

お正月には、年神様の魂を分けてもらうこととなっています。年神様の魂が宿るとされる鏡餅の餅玉を、家長が家族に分け与えたのが、お年玉の由来とされています。

ちなみにお年玉の「玉」の字には、「魂」の意が込められているんだって!

 

おせち

おせち料理は、神様にお供えする料理という意味の「御節供(おせちく)」が略されたものです。

福を重ねるという縁起を担いで重箱に詰められ、火の神である「荒神様」を怒らせないように、正月には火を使わないとされていたことから、年の暮れに作り、保存ができるようになっています。

お雑煮

年神様に供えた餅を下ろしていただくもので、食べることでご利益が得られるとされています。お餅を入れて、雑多なものを煮込む「お雑煮」は、地方ごとにで具材が異なります。

親戚どうし集まって、違った具材のお雑煮を味わうのも、お正月の楽しみのひとつだホィね!

 

伝えていきたいお正月の遊び

「お正月には凧揚げて こまを回して遊びましょう……」と歌にもあるように、お正月にはさまざまな遊びがあります。こういった伝統的な遊びは、今や家庭においても、なかなか体験する機会がないもの。

お正月をより身近に感じ、楽しむためにも、保育園での遊びにぜひ取り入れてみてくださいね!

子どもの成長を願う【羽根つき】

羽根つき

【基本の遊び方】
2人で羽根をつきあう「追羽根」と、1人で続けて羽根をつく「つき羽根」があります。羽子板を使い、羽根を落とさずに長くつければ勝ち。羽根を落とすと墨を塗られてしまいます。

羽根つきは1年の厄をはね、子どもの健やかな成長を願う遊びです。もともとは中国で、羽に硬貨をつけたものを蹴る遊びが、室町時代に伝来したものだそう。

羽根つきに使われるムクジロの実は「無患子」と書くため、子どもが病気にかからないように、女の子の初正月に羽子板を贈る風習が生まれたと言われています。失敗したときに墨を塗るのもじつは魔よけのおまじないの意味があります。

高く上がるほど元気に成長!【凧あげ】

凧揚げ

【基本の遊び方】
上手に風に乗せ空高く凧を揚げるのが一般的な遊び方ですが、そのほかにも相手の凧を落とす「凧合戦・凧喧嘩」という遊び方もあります。

平安時代に、貴族の遊びとして伝来した凧揚げは、実は中国から伝来したもので、もともとは占いや戦の道具として使われていました。

日本では「立春の季に空に向くは養生のひとつ」といわれていたことから、昔は立春に凧揚げをしていたとされています。

江戸時代には男の子の誕生祝いとして親しまれ、高く上がるほど子どもが健やかに成長すると言われています。

笑う門には福来る【福笑い】

福笑い

【基本の遊び方】
目隠しをして、おかめやおたふく、ひょっとこなどをかたどった輪郭のうえに、目や鼻、口といった顔のパーツを置いていきます。目隠しをしているために滑稽な顔になるため、それを笑い楽しむ遊びです。

明治時代頃からお正月の遊びとして定着している福笑い。「より正確に顔を組み立てた人」「よりおもしろい顔を作った人」など、ルールを決めて遊びます。その起源についてはまだわかっていない部分も多くありますが、新年の幸福を願い、福をもたらす縁起物であるおかめやひょっとこの顔を用いて、親しまれるようになったと言われています。

大人も思わず熱中!【百人一首(かるた)】

かるた

【基本の遊び方】
読み手が読み札を読み、その内容に合った絵札を探して取る遊びです。すべての札がなくなったところで、より多くの札を取ったものが勝者となります。

かるたには、「百人一首かるた」と「いろはかるた」の2種類があります。

日本ではじめにかるたとして広まったのは「百人一首かるた」。詳しい起源は不明とされていますが、平安時代に貴族のあいだで流行した「貝合わせ」や、上の句と下の句とを一対の貝がらに書いた「貝歌」などが、かるたのもとになったのではないかと言われています。

いっぽう、いろはかるたは幕末の頃に生まれたと考えられており、子どもがひらがなやことわざなどを覚えられるように作られています。

ちなみに、かるたの語源はポルトガル語で「カード」を意味する「carta」だと言われているんだホィ!

 

集中力アップにも……【お手玉】

お手玉

【基本の遊び方】
小豆などが入った布製の玉を複数宙に投げて、それを手のひらや甲などで受け止めることを繰りかえします。

左右同時に投げてキャッチする、左右に持ち変える、手の甲で受け止めるなどさまざまな遊び方ができるお手玉は、奈良時代頃からすでに親しまれており、江戸時代から袋のなかに小豆や大豆を入れる現代のかたちになったと言われています。

おじいちゃん、おばあちゃんが孫に教えるなどして、世代を超えて遊べるため、お正月には広く楽しまれてきました。

手先を使うお手玉遊びは、脳を刺激して集中力をアップさせてくれる効果も期待できるんだって。

 

発祥はエジプト?!【コマ回し】

こま

【基本の遊び方】
軸の部分に巻いた糸を勢いよく引き、こまを美しく、長く回転させます。相手のこまと自分のこまとをぶつけあう「喧嘩ごま」などの遊び方もあります。

世界最古のコマは、エジプトで発見された、紀元前2000年~1400年頃のものだったそう。日本へは奈良時代に唐から伝来したと言われています。

まっすぐに芯が通ったこまは、「お金がまわる」「ものごとが円滑にまわる」ことにかけて、縁起物とされています。
また、回る時間を競う、ぶつけ合って強さを競うなどの遊び方から、男の子に「強くたくましく育ってほしい」という願いも込められています。

幸せな1年を願って……【だるま落とし】

【基本の遊び方】
積み木の上に置かれただるまが落ちないようにしながら、木づちで下段の積み木を打って落としていきます。

だるまは転んでも起きあがることから縁起物とされており、お正月になると、新年への願いを込めて新しいだるまを買い、前年のだるまを供養するのが慣わしになっています。

しかし、だるま落としのだるまは起き上がれません。そのため、転ばないように、つまり、新たな1年に災いや困難がないようにと、願いを込めて遊ばれるようになったと言われています。

「最後までだるまが転ばずに積み木を崩せたら、その1年は困難のない幸せな年になる」そんな願掛けの意味も込めて、お正月に遊ばれるんだホィね!

 

大勢で楽しめる【すごろく(双六)】

すごろく

【基本の遊び方】
順番にサイコロを振って、出た目の数だけコマを進めます。もっとも早くゴールにたどり着いたら勝ち。

すごろくは奈良時代に日本に伝わったと言われ、もともとは2人で相手の陣に攻め入る早さを競う「盤双六」が主流でしたが、次第に旅や人生にかけた「道中双六」「出世双六」などが広く親しまれるようになりました。

すごろくは、順番やルールを守りながら遊ぶため、社会性を身につけられる遊び。オリジナルのすごろくを作って遊んでも楽しいよ!

保育園で手作りすごろくを作って遊ぼう!

既製品のすごろくもよいですが、園児一人ひとりを登場人物の「コマ」にしたり、今子ども達が夢中になっていることをゲームとして取り入れたりしながら、オリジナルのすごろくを作ってみてはいかがでしょうか?

【すごろくボードの作り方】
■ すごろくのテーマを決めます(例:園庭から教室まで戻ろう!など)
■ スタートとゴールの位置を画用紙に描き入れます
■ テーマに沿って、スタートとゴールをつなぎながらマスを作っていきます
■ それぞれのマスに【一回休み】【〇〇の歌をうたう】【〇〇先生のまねっこをする】などのイベント・ゲームを書き込みます
■ できあがり!

すごろくボード

【コマの作り方】
■ 画用紙を細長い形に切ります
(サイズはすごろくボードのマスに合わせて作りましょう!)
■ 中央部で山折りにします
■ 地面に設置する5mm分ほどを左右それぞれ谷折りにします
■ 目印にシールを貼ったり絵を描いたりします
■ できあがり!
自分でコマを作ってみよう!
コマを手作りする際には、好きなキャラクターや動物、似顔絵など、好きな絵柄で作るとより楽しめます。ぜひ工夫して楽しんでみてくださいね!
(時間がないときには、イラストを印刷して貼りつけるだけでもよいでしょう)

子どもに読んであげたい!お正月を伝える絵本3選

絵本を読む女の子
遊びを通じてお正月を楽しむだけでなく、絵本を活用して、子ども達にお正月の由来や楽しみを伝えてあげるのもよいでしょう。最後に、お正月の読み聞かせにピッタリの絵本を3冊ご紹介します。

▲ かわいらしいコラージュで、日本の伝統的なお正月が描かれる行事絵本。
行事の由来や、海外のお正月などについても学ぶことができます!日本の古きよき伝統をしっかり伝えてあげたい、年長さんくらいからがオススメです。


▲ お正月を迎える準備をするお父さんやお母さんを、ドキドキしながら見ているくまのこがとてもかわいらしい作品。「来年」ってなんだろう?どうやって来るんだろう?そんな子どもらしい疑問に、やさしく答えてくれる1冊です。読みきかせは3歳ごろから。


▲ 12の干支の動物たちが集まって新年会!語呂のよい言葉でそれぞれの干支が紹介され、いっしょに宴会に参加しているような、楽しい気持ちになれます!4歳ごろからがオススメ。

編集者より

保育士さんのイラスト
新年を迎えると、いつもと同じ朝の光も空気も、まるで新しく生まれ変わったかのような印象をうけるもの。「あけましておめでとう」と互いに言い合いながら、心も新たに「また今年も頑張ろう」という前向きな気持ちになれるから、不思議なものです。

旧年を無事に過ごせたことに感謝し、新たな1年、健康で幸せであるように願う「お正月」。人々が昔から受け継いできたこの美しい伝統を、子ども達にもぜひ伝えていきたいものですね。

皆さまと皆さまが大切に思うすべての方に、新たな1年もたくさんの幸せが訪れますように…。
 

参考文献・サイト

◆転職なら『保育のお仕事』におまかせ!◆

保育業界で転職をお考えですか? それならば『保育のお仕事』におまかせください。
無料であなたの転職をプロが徹底サポート! あなたにピッタリの職場を一緒に見つけましょう!お気軽にご相談くださいね♪
保育のお仕事転職サポート

ABOUT ME
保育のお仕事レポート
保育のお仕事レポート
保育業界専門の転職支援サービス「保育のお仕事」です。 「保育のお仕事レポート」は、現場で働く保育士さんのためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNS(FacebooktwitterLINE@)で要チェック! 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-shigoto.comまでどうぞ。