読了の目安:約4分37秒

転職活動で必要となる「職務経歴書」。新卒の就職活動には無かった応募書類です。初めて転職を考える方の中には「履歴書はわかるけど…職務経歴書ってどんなもの?」とお悩みの方もいらっしゃるのでは?今回は職務経歴書作成のポイントをご紹介します!

職務経歴書作成のポイント

元気な保育士の女性
職務経歴書の提出を求める園は稀ですが、職務経歴書は自分が培ってきた経験をアピールする武器になります。求められていなくても積極的に提出するのがおすすめです。採用担当者に興味を持ってもらう為には、読みやすく仕上げましょう。
 

職務経歴書とは…
職務経歴書は、就業の経験がある方が、履歴書のみでは書ききれない過去の経験や実績、習得したスキルや強みなどの自己PRを記入し、自分自身をアピールするためのものです。

>>>職務経歴書サンプルはこちら(.pdf)

 

■ここで差がつく!職務経歴書のポイント

女性のイラスト

①PCで作成、サイズはA4で
手書きでも大丈夫ですが、見易さの観点からPCで作成しましょう。
A4用紙で1~2ページにまとめるのが丁度いいボリュームです。
※一般的には、履歴書は手書きで、職務経歴書はPCで作成します。
②長文の文章より、箇条書き
手書きでも大丈夫ですが、見易さの観点からPCで作成しましょう。
魅力を端的に伝えるため、可能な限り箇条書きにしましょう。
時系列を整理し、“上から下”という縦方向での情報の流れを作ることもお忘れなく。
③職務経歴は略さず、端的に
保育園・幼稚園名は略さず、正式名称を記入します。
職務内容にはその業務を行なっていた期間、担当クラス、業務の詳細を記入します。
④自己PRは些細なことでも堂々と
特に責任者や主任を経験していなくても自信を持って書きましょう。
5~7行くらいでコンパクトにまとめると採用担当者の印象にも残りやすくなります。
⑤自分なりの工夫を盛り込む
テンプレートそのままの職務経歴書ではなく、応募する保育園・幼稚園に合わせて、言葉や表現などを選び、
工夫することを忘れずに。個性を見せるツールであると認識しましょう。

 

わかりやすく伝えよう!”職務経歴書”の書き方基本

【1】タイトル・基本項目の記入

保育士さんの職務経歴書(見本)-001

■タイトル■
はじめに「職務経歴書」という表題をいれます。フォントを大きめにする、太字にするなどの工夫をすると良いでしょう。

■日付■
基本的に提出する日付を記入します。郵送の場合は投函する日を記入しましょう。履歴書同様に和暦か西暦かは書類全体で統一するように注意します。履歴書とも統一するとわかりやすいでしょう。
■氏名■
住所や電話番号より少し大きめのフォントを使うか、協調で目立たせると良いでしょう。ルビは必須ではありませんが難しい読み方の氏名の場合などにはふっておくと親切です。
■住所■
現住所を都道府県から省略せずに記入しましょう。マンション名なども省略せず、履歴書と同様に正確に入力しましょう。
■電話番号■
固定電話、携帯電話の番号をそれぞれ記載しますが、固定電話が無い場合には日中連絡の取れる携帯電話のみで構いません。
■メールアドレス■
履歴書に記載欄が無い場合などには職務経歴書に必ず書き入れましょう。定期的にチェックを行うアドレスであること、ドメインなど拒否設定をしていないことを確認しましょう。
■印鑑■
押印は必須ではありませんが、氏名の横に押印すると、正式な文書に近い丁寧な書面になります。押印する場合はシャチハタ以外の印鑑を使いましょう。

【2】略歴の記入

■略歴■
まず何が書かれているかわかるように、【略歴】【経歴要約】といった見出しを付けます。今までの経歴、特に応募先に活かせる部分をピックアップし、200~250字程度にまとめます。一読でその人の経歴の概要がわかるよう心がけましょう。

例)
ウェルクス学園大学社会学部社会学科を卒業後、派遣社員ととして株式会社○×キャリアに入社、クライアントの採用業務代行を担当いたしました。結婚を機に退社しその後は育児に専念しておりましたが、子育て経験を活かしたいと考え、専門学校へ入学、2011年に保育士免許および幼稚園教諭第2種資格を取得後、社会福祉法人○○○○ウェルクス保育園に入社、5年の中で主に3~5歳児のクラス運営業務、保護者向け発行物やビデオの編集等幅広く携わっております。

【3】個々の就業先の職務経歴

【書き方のパターン】
主な書き方は3パターン。応募先に近い業種を先に紹介できるよう、自分に合った記載形式を選択し

◆編年体形式
時系列(古い経歴→新しい経歴)に沿って業務内容などをまとめていく方法。徐々に知識を習得していったことをアピールする際にはこの形式がオススメです。

◆逆編年体形式
編年体とは逆の時系列(新しい経歴→古い経歴)に沿って業務内容などをまとめていく方法。直近の仕事が応募先の業務に役立つ場合などはこの形式を選ぶと良いでしょう。

◆キャリア形式
職務経験を事業所ごとではなく業務内容ごとにまとめる方法。何度も転職を繰り返していて、同じ仕事を行ってきた方に向いている形式です。時間の経過がわかりにくいので業務内容を時系列で順序良くまとめましょう。

■事業所名■
履歴書同様(株)などの略語は使わず正式に記載しましょう。現在の事業所名が異なる場合は(現○○保育園)などと書き添えておきましょう。
■所属期間■
入社から退社までを「○○年○○月~○○年○○月」という形式で書きます。(○年○カ月)と所属した年数の記載も入れるとわかりやすくなります。
■事業所情報■
必須ではありませんが、事業所規模がわかるように、資本金、従業員数、保育園の場合は園児数などを記載します。いつの時点の情報なのかわかれば明記しておきましょう。
■事業内容■
その事業所がどんな事業を行っているか一目でわかるようにします。事業所名などでわかるため不要であると言う場合は削除しても。
■配属/担当■
配属や担当を記入します。異動や係替えがあった場合は、時系列で明記すると良いでしょう。
■業務内容■
経験した業務を記載していきます。長文で記載するよりも箇条書きにした方がわかりやすいでしょう。アピールしたい内容を上段に持ってくると印象に残りやすくなりますよ!
■その他■
<資格取得や個人的に取り組んだ自己啓発、業務の上で気を付けてきたこと、表彰や実績など積極的にアピールしましょう。

【4】資格・スキル/特技の記入について

保育士の職務経歴書(見本)-002

■資格■
履歴書の資格欄は意外と行数が少ないものです。記入しきれなかったものがある場合は、ここで改めて記載して知識や技能向上への意欲、頑張りをアピールしましょう!基本的には取得年月とともに時系列で記載しますが、カテゴリごと(保育・語学・その他など)に分けたり、アピールしたい順に並べ替えたり…工夫しても良いでしょう!
■特技/スキル■
特に履歴書に欄が無い場合には職務経歴書に記載しましょう!保育士さんの場合であれば、ピアノのスキルやダンススクールに通った経験、ボランティア活動など、応募先にアピールできるポイントをピックアップすると良いでしょう。
■自己PR■
応募先の事業所に対し、直接あなたをアピールできる記載項目ですので、職務経歴書を作成する際は必ず項目を作るようにしましょう!

【6】応募先への挨拶文の記入

■挨拶■
必須項目ではありませんが、先方の人事担当者様は多忙な中、書面に最後まで目を通して下さっています。そのことへの御礼と、選考に対し「よろしくお願い致します」という気持ちを末筆に記載しても良いでしょう

これってOK?NG?職務経歴書のQ&A

Q…買った履歴書に添付された手書き用紙ではダメ?
【A…見やすさの観点からパソコンの方がオススメです】
手書きの職務経歴書がNGというわけではありませんが、履歴書に比べてより詳細な内容を記載するため、どうしても情報が煩雑になりがちです。先方の読みやすさを考慮してパソコンで作成するのがベターでしょう。また職務経歴書の書き直しはとても時間と労力がかかります。今後のためにもパソコンで作成しておくことをオススメします!
Q…パートやアルバイトも書いていいの?
【A…アピールできる経験ならば雇用形態は問いません!】
もちろん!非正規の雇用であってもそこで多くのことを学び、いろいろな工夫をされてきたことでしょう。そういった経験を応募する業務に結びつけてアピールできるならば、積極的に経歴書に記載しましょう!ただし全然関係のない経験をただ羅列するのは逆効果です。
Q…たくさんアピールしたいので枚数を増やしたい…
【A…先方のことも考えて簡潔にまとめましょう】
多くのことをアピールしたいという意欲は素晴らしいです!しかし先方も忙しい中で書類に目を通しています。出来るだけポイントを絞って、箇条書きや表を使い、簡潔にまとめるように心がけてください。それもひとつのあなたのスキルです!

編集者より

編集者も初めての転職の際苦労した職務経歴書の作成。最初はとても苦戦しますが、一度作ってしまえば、志望動機や自己PRを応募先に応じて差し替えるだけ!その後の活動がスムーズになりますよ!

複数回転職をする場合にも経歴の追加で再利用も可能。長く付き合うものなので、ある程度時間を取ってしっかり作成しましょう!

また「形式自由」ということは自己表現が最大限にできるということ。表の形式を変えるなど「見せ方」について工夫してみても良いかもしれませんね。

もしも何かお悩みの点があれば、是非コメントなどにもお寄せくださいね!

皆さまの「らしさ」とアピールポイントが満載の職務経歴書が出来上がること、そして良いご縁につながることを心より願っています!
 

◆保育のお仕事人材紹介◆

あなたの転職を私たちがサポートします!一緒にあなたにピッタリの職場を見つけていきましょう!お気軽にご相談くださいね!
保育のお仕事転職サポート

 

>>その他の転職はじめてマニュアルを見る

  • 自己分析の仕方
  • 良い求人の選び方
  • 履歴書作成のポイント
  • 職務経歴書作成のポイント
  • 面接必勝マニュアル
  • 円満退職のコツ